クリーブランド RTX ジップコア ウェッジ

ツアープロ絶賛のスピン性能と構えやすさで自在に寄せる

TOP > クリーブランド ウェッジで125ヤードを制する > クリーブランド RTX ジップコア ウェッジ

作成日:
クリーブランド RTX ジップコア ウェッジのイメージ画像

RTX ジップコア ウェッジは、プロ・上級者から高く評価された「RTX-4ウエッジ」の後継モデル。

RTX ジップコア ウェッジの特徴は、

ネックからフェース手前にかけて差し込まれたセラミックピン。

これにより、重心位置をフェースセンターに近づけることができ、上下方向への慣性モーメントが向上。

フェースを開いて打った際に、打点が上下にズレても打感、スピンが安定するって訳。

スピン性能も向上。

フェース面の溝を新たな技術を採用して、歴代のRTXシリーズの中で、溝を最も深く設計ている。

ラフからのショットなどフェースとボールの間に芝や水が入ってくるのを、溝を深くすることでそれらの逃げ道を増やしスピン性能を維持できるって訳。

溝の本数も各ロフトで1~2本増やしている。

ボールに触れる溝の数が増えれば、フェースはそれだけボールにしっかり食いつきスピンがかかるって訳。

「FULL」「MID」「LOW」という3つのグラインドを設定。

FULLは、比較的バンスを使って打ちたい方向け。バンス角を従来の10度から12度に変更。

MIDは、中央のグラインドの幅をわずかに広げてバンスの効果が出やすい形にして、なおかつ、フェースを開いた時にもソールがしっかりと接地するよう設計されている。バンス角を1度増やして10度に変更。

LOWは、前モデルとほぼ同じ形状。

ネック形状 ストレートネック
ソール幅 FULLは「広い」
MIDは「中」
LOWは、「狭い」

クリーブランド RTX ジップコア ウェッジの口コミ評価

スクエアに構えてもフェースを開いても使える

トゥ側でヒットしてもスピンがかかる

とても抜けがよく打感もソフト

安心して構えられる

関連記事

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプ

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプのイメージ画像

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプは、操作性重視のウェッジでフェイスを開いたり閉じたりと状況に応じてアプローチショットが打ちたい人におすすめのウェッジ。リーディングエッジがやや丸みを帯びていてトップライン頂点がトゥよりになっているのもフェースを開いてショットを打つゴ...続く

クリーブランド ウェッジ RTX-3 キャビティタイプ

クリーブランド ウェッジ RTX-3 キャビティタイプのイメージ画像

クリーブランド ウェッジ RTX-3 キャビティタイプは、操作性重視のRTX-3 ブレードタイプの性能でショートゲームを安定させたキャビティタイプのウェッジ。クリーブランド ウェッジ RTX-3の3つの特長1.フィール・バランシング・テクノロジーホーゼルを従来のモデルに比べて短くし、...続く

香妻プロおすすめのRTX F-FORGED ウエッジ

香妻プロおすすめのRTX F-FORGED ウエッジのイメージ画像

クリーブランド RTX F-FORGED ウエッジは、香妻プロも使用しているおすすめのウェッジで、ショートゲームをやさしくするための機能がいろいろある。クリーブランド RTX F-FORGED ウエッジがやさしい理由は、1.グースネックで構えやすくボールを捉まえやすい。程よいグース...続く

クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ

クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジのイメージ画像

クリーブランド RTX FULL-FACE ウエッジの特長フェース全体に施された溝が、深いラフなど打点がばらつくシーンや、バンカーショット、ロブショットなどでも高いスピン性能を発揮。RTX ジップコア ウェッジと同じ打点位置に近い重心位置を実現し、ボール初速、スピン量が安定させ打感も向上...続く

クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョンフォージド ウェッジ

クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョンフォージド ウェッジは、世界で戦っている松山英樹プロ監修のウェッジ。打感の良さや操作性を求める人におすすめのウェッジ。ヘッドは小ぶりで、フェースを開いても閉じてもクラブの座りがいいので、ライを選ばず状況に応じてスピン量をコントロールでき...続く

Top へ