クリーブランド RTX DEEP FORGED ウェッジ

やさしさと軟鉄鍛造ならではの打感で寄せる

TOP > クリーブランド ウェッジで125ヤードを制する > クリーブランド RTX DEEP FORGED ウェッジ

作成日:
クリーブランド RTX DEEP FORGED ウェッジのイメージ画像

RTX DEEP FORGED ウェッジは、RTX-4 FORGEDウエッジの後継モデルでやさしさ追求のウェッジ。

RTX DEEP FORGEDウエッジの特徴は、

クリーブランド RTX ジップコア ウェッジよりちょっと大きめのヘッドで安心して構えられる。

アイアンセットからの流れで見てウェッジだけ小さく見えると不安になる。まずはフェースを大きくすることで安心感を出している。

ソール幅も広くすることで、アベレージゴルファーに多いダフリやザックリのミスをしにくいようにしている。

前作の不評だった打感を心地よい打感に改善。

バックフェースを見るとわかるが、トゥ、ヒール寄りは肉厚を薄くし、センター付近は厚く設計されている。

前作ではかなり厚みをもたせていた、トップラインのすぐ下の部分の肉厚をならす代わりに、打点に近い部分を厚くしている。

さらに、軟鉄素材に特殊な熱処理を施しボールが吸いつくような打感を実現している。

どんな状況下でもスピン性能が安定。

RTXジップコアと同じ最新の溝にすることで、従来モデルにくらべ溝を狭く、深く設計し、溝の本数も各ロフトで1~2本増やしている。

見た目も溝が多いとスピンが効きそうな感じがする。

ネック形状 ストレートネック
ソール幅 広い

クリーブランド RTX DEEP FORGED ウェッジの口コミ評価

フェースが大きくて、いい。

抜けが良く使いやすいです。

ラフからフェースの上の方で打っても距離が落ちない

鋳造の硬さを嫌に感じこちらにしました。

関連記事

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプ

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプのイメージ画像

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプは、操作性重視のウェッジでフェイスを開いたり閉じたりと状況に応じてアプローチショットが打ちたい人におすすめのウェッジ。リーディングエッジがやや丸みを帯びていてトップライン頂点がトゥよりになっているのもフェースを開いてショットを打つゴ...続く

クリーブランド ウェッジ RTX-3 キャビティタイプ

クリーブランド ウェッジ RTX-3 キャビティタイプのイメージ画像

クリーブランド ウェッジ RTX-3 キャビティタイプは、操作性重視のRTX-3 ブレードタイプの性能でショートゲームを安定させたキャビティタイプのウェッジ。クリーブランド ウェッジ RTX-3の3つの特長1.フィール・バランシング・テクノロジーホーゼルを従来のモデルに比べて短くし、...続く

香妻プロおすすめのRTX F-FORGED ウエッジ

香妻プロおすすめのRTX F-FORGED ウエッジのイメージ画像

クリーブランド RTX F-FORGED ウエッジは、香妻プロも使用しているおすすめのウェッジで、ショートゲームをやさしくするための機能がいろいろある。クリーブランド RTX F-FORGED ウエッジがやさしい理由は、1.グースネックで構えやすくボールを捉まえやすい。程よいグース...続く

クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ

クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジのイメージ画像

クリーブランド RTX FULL-FACE ウエッジの特長フェース全体に施された溝が、深いラフなど打点がばらつくシーンや、バンカーショット、ロブショットなどでも高いスピン性能を発揮。RTX ジップコア ウェッジと同じ打点位置に近い重心位置を実現し、ボール初速、スピン量が安定させ打感も向上...続く

クリーブランド RTX ジップコア ウェッジ

クリーブランド RTX ジップコア ウェッジのイメージ画像

RTX ジップコア ウェッジは、プロ・上級者から高く評価された「RTX-4ウエッジ」の後継モデル。RTX ジップコア ウェッジの特徴は、ネックからフェース手前にかけて差し込まれたセラミックピン。これにより、重心位置をフェースセンターに近づけることができ、上下方向への慣性モーメントが向...続く

Top へ