アプローチウェッジの選び方がわかる

アプローチウェッジの打ち方はデリケート

そんなゴルフでは欠かせない大切なアプローチウエッジの選び方を紹介していきます。

ウェッジでスピンをキュキュットきかせて止まるアプローチショットを打ちたい!

プロのアプローチショットを見ていると、凄いですよね。

あのキュキュッと止まるアプローチ。

どうしたらあんなにスピンのきいたアプローチができるのか?

はじめまして、
ゴルフを始めた頃アプローチにハマっていたおじさん「もりおじ」です。

私がゴルフを始めたかなり昔に、NHKのゴルフ番組に倉本昌弘プロが講師として出ていました。そのときに、サンドウェッジ1本でいろんな打ち方を披露して驚きましたね。

ボールがグリーンに落ちて右に曲がったり、左に曲がったり、転がったり、止まったりと自在にコントロールしていたのですから。

それを見て凄い!って単純に思いました。

それからと言うもの、
サンドウェッジのソールの文字が無くなるまで練習しました。

おかげで70台で回れるようになりました。

なんて簡単にいくわけ無いですよね。ソールが削れるまで使い込んだのは事実ですけどね。

以前はアイアンセットを購入すればウェッジも揃えられたが・・・今は揃えないと駄目

ゴルフを始めた大昔は、ウェッジもピッチングとサンドウェッジぐらいでアプローチウェッジを入れている人の方が少なかった時代。

だから、短いグリーまでの距離をコントロールしていました。

できるわけ無いのにね。

さらに、最近では飛距離重視によるアイアンセットのストロングロフト化。

これにより、ますます100ヤード以内の残り距離を打ち分けるのにウェッジ2本では厳しくなってきました。

そのためか、アイアンセットからウェッジの姿が消えていきました。

つまり、ゴルフを始めようと思ったらウェッジまで考えてゴルフクラブセットを買わないと駄目だと言うことになります。

ウェッジ選びの重要性

アイアンセットにウェッジが含まれていない以上、自分でウェッジを選ぶ必要があります。

でも、それ以上にウェッジ選びは大切なんです。

そもそも、1Rにウェッジを使う頻度って知っていますか?

パーオン率の高いトッププロでも1ラウンド中に5,6回は使います。パーオンの確率が低いアマチュアにとっては、それよりは多くなりますよね。

10回以上となれば、ドライバーと同じぐらいの使用率になります。

しかも、アプローチショットは、距離の打ち分けたり、転がしたり、上げたりといろんな打ち分けを求められます。

コースコンディションも、フェアウェイ、深いラフ、バンカー、斜面とさまざまな場面があります。

そんな状況に対応できるウェッジを持っていることが、スコアメイクの重要なポイントになります。

そこで当サイトは、

トッププロとまでは言わないが、プロのようなスピンをかけてピンを狙いたい。
そんなちょっと上を目指す「ウェッジ選び」をお伝えしたいと思います。

その前に、今人気のウェッジはどれなのか?売れ筋をチェックしてみましょう。

Top へ