アプローチウェッジの選び方がわかる

アプローチウェッジはデリケートな打ち方をするゴルフでは欠かせない大切なクラブ。そんなアプローチウエッジの選び方紹介します。

キャロウェイ ウェッジ MACK DADDY 4

激スピンで人気のキャロウェイ ウェッジ マックダディ4がさらなるスピン性能アップ
キャロウェイ ウェッジ MACK DADDY 4のイメージ画像

キャロウェイ マックダディ4 ウェッジが
さらなるスピン性能をアップして発売されましたね。

キャロウェイ マックダディ4 ウェッジの主な特長は、

フェース表面の溝と溝の間に作られたわずかな凹凸を
従来の凹みから凸状に変更しスピン性能強化。

3種類のソールグラインドを4種類に増やし
ライやロケーションの対応力を強化している。

4タイプのグラインドソールデザイン

操作性重視のC-グラインド

トゥ・ヒールを削ったソール形状なので、
ライの状態やロケーションに応じて、フェースを開いたり、
操作性を重視したコントロールショットを打ちたいゴルファー向けのソール。

シンプル操作のS-グラインド

スタンダードなソール形状なので、
シンプルに普段通りに構えて打つだけのアプローチをしたいゴルファー向けのソール。

やさしさ重視のW-グラインド

幅広ソール形状なので、
やさしくアプローチしたい、多少のミスにも対応、
バンカーからも簡単に脱出したいゴルファー向けのソール。

やさしさと操作性のX-グラインド(マックダディ4で追加

幅広ソール形状にグラインドを施し
やさしくアプローチしたい、テクニックも使いたい、
ゴルファー向けのソール。

ロフト別の2種類の溝設計(マックダディ4で3から2種類に変更

46〜54°のピッチングやアプローチウェッジ、サンドウェッジでは、
スピンのきいたショットを可能にしたエッジの溝。

56〜60°のロブウェッジでは、
グリーン周りから最大のスピン性能を発揮する鋭角なエッジの溝。

キャロウェイ マックダディ4 ウェッジ おすすめゴルファー

  • プロのようにフェースを開いてスピンをかけたい人
  • ボールを上げたりしてボールをコントロールしたい人

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプ

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプは操作性重視のウェッジ
クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプのイメージ画像

クリーブランド ウェッジ RTX-3 ブレードタイプは、
操作性重視のウェッジでフェイスを開いたり閉じたりと
状況に応じてアプローチショットが打ちたい人におすすめのウェッジ。

リーディングエッジがやや丸みを帯びていて
トップライン頂点がトゥよりになっているのもフェースを開いてショットを打つ
ゴルファーにオススメ。

クリーブランド ウェッジ RTX-3の3つの特長

1.フィール・バランシング・テクノロジー
ホーゼルを従来のモデルに比べて短くし、ホーゼル内に小さな空洞をつくり軽量化を図っている。これらの余った重量をヘッドに配分し、重心位置をフェースセンターに近づけたことでフェースの動きを安定させ、打点の多少のばらつきでの飛距離コントロール性能、スピン性能、打感を大きく向上させている。

2.NEW V ソール
芝との接触を抑えることで抜けをよくし、切れの良いショットを実現している。
ローバンスV-LGは、操作性重視。
ミドルバンスV-MGは、オールラウンド。
ハイバンスV-FGは、バンカーが苦手な人。

3.第3世代のローテックスフェース
溝(グルーブ)を従来モデルより狭く深くすることで水や砂、芝などの異物をより排出しやすくしている。
さらにマイクロミーリングを番手別に施し、理想的なスピンを実現し、番手別に最適化を図っています。

クリーブランド ウェッジ RTX-3の3つの仕上げ
1.ツアーサテン。
2.まぶしさを抑えた耐久性の高いブラックサテン。
3.時間と共に使用感の出るノーメッキ。

これでクリーブランド ウェッジ RTX-3を使えば、
125ヤード以内を全てカバーできますね・・・?。

サンドウェッジのバウンスの役目

サンドウェッジは、バンカーに入ったときに使うクラブ。このサンドウェッジには、ちょっとした特徴があり、クラブのソールが少し盛り上がった状態になっています。この盛り上がった部分の角度によって跳ね返り具合が変わります。一般的には、盛り上がった部分を「バウンス」と言っているようですが、正しくはバウンス角のこと。以降は、わかりやすく盛り上がった部分を「バウンス」と表現します。このバウンスがバンカーの ...(続く)


最新記事一覧

最新記事を紹介します。

ヨルンダ YORUNDA ゴルフ ウェッジ STL 53゚で寄るんだ

ヨルンダ YORUNDA ゴルフ ウェッジ STL 53゚で寄るんだのイメージ画像

グリーン周りから楽に寄せられるアプローチクラブ ヨルンダ ウェッジ タイプ53。簡単に転がして寄せたい方に最適のチョッパーです。ヨルンダ ウェッジは、ヘッドをガツンと入れる打ち方より、ヘッドの動きに沿ったオートマチックなアプローチがより正確に狙えると評判。週刊ゴルフダイジェストの、人気連 ...(続く)

開かず打てる簡単サンド プロギア R55ウェッジ

開かず打てる簡単サンド プロギア R55ウェッジのイメージ画像

不人気なチョッパーの中でも売れているのが、プロギア R55ウェッジ。なんと言ってもバンカーからの脱出が超簡単。見た目は、四角くゴツいけど、ヘッドの大きさで簡単にボールをヒットできるので、安心してアプローチができると評判。アプローチが苦手で、わらにもすがる思いのひとは、プロギア ...(続く)

チョッパーはやさしいクラブなのに使われない不人気な理由

チョッパーはアプローチ用につくられたやさしいクラブなのに、使っている人が少ないのはなぜでしょうか?その不人気な理由はダサいから?プロや上級者が、チョッパーをゴルフバッグに入れているのを見たことがないですよね。上級者が使わない理由は、14本のクラブしか持てないから。ゴルフコースのさま ...(続く)

Top へ