ウェッジのバンス角でボールの飛び方が変わる

バンス角が大きいと低く強いボールで小さいと柔らかいボールが打てる

TOP > アプローチウェッジの選び方 > アプローチウェッジのバウンス選び > ウェッジのバンス角でボールの飛び方が変わる

作成日:

ウェッジのバンス角によってボールに与える強さが変わります。

例えば、
バンス角が大きいと、アドレスした際にロフトが立ちやすくなリます。

つまり、
ロフトが立てばボールの打ち出しが低くなり、強いボールが出ると言うことです。

もし、
高い球ややわらかい球を打ちたければ、ロフトを寝かしやすいバンス角の小さいウェッジを選ぶといいでしょう。

では、バンス角が大きいと、高い球や柔らかい球が打てないのか・・・

バンス角が大きくてもソールのヒール側の幅が狭いと、フェースを開いたりしやすくなるので抜けが良くなります。

つまり、
高い球や、やわらかい球を打ちたければソールのヒール幅の狭いウェッジを選ぶといいでしょう。

関連記事

楽にアプローチしたい人のウェッジはバウンスが丸いウェッジ

楽にアプローチしたい人のウェッジはバウンスが丸いウェッジのイメージ画像

ウェッジのバウンスが丸いと地面に刺さりにくいのが特長。バウンス角で言うと12度ぐらいのハイバウンスのウェッジ。アプローチが苦手な人は、ダフらないようにしてハンドファーストが強くなりすぎて、バウンス効果が得られないケースが多いようです。だから、ハイバウンスの丸いソールのウェッジを使...続く

アプローチウェッジのバンス角の違い

アプローチウェッジのバンス角の違いのイメージ画像

サンドウェッジにはバンスがあり、このバンスの角度が大きいウェッジをハイバンス、小さいウェッジをローバンスといいます。ハイバウンスとローバウンスの違いは、一般的にハイバンスの方がやさしく初心者向けで、ローバンスの方がシビアで上級者向けのウェッジと言われています。バウンス角の違いで、初...続く

サンドウェッジのバウンスの役目

サンドウェッジのバウンスの役目のイメージ画像

サンドウェッジは、バンカーに入ったときに使うクラブ。このサンドウェッジには、ちょっとした特徴があり、クラブのソールが少し盛り上がった状態になっています。この盛り上がった部分の角度によって跳ね返り具合が変わります。一般的には、盛り上がった部分を「バウンス」と言っているようですが、正しくはバ...続く

Top へ