アプローチウェッジ選び方

楽にアプローチしたい人はバウンスが丸いウェッジがザックリしにくく使いやすい。

作成日:
楽にアプローチしたい人のウェッジはバウンスが丸いウェッジのイメージ画像

ウェッジのバウンスが丸いと地面に刺さりにくいのが特長。

バウンス角で言うと12度ぐらいのハイバウンスのウェッジ。

アプローチが苦手な人は、ダフらないようにしてハンドファーストが強くなりすぎて、バウンス効果が得られないケースが多いようです。

だから、ハイバウンスの丸いソールのウェッジを使えば、鋭角にヘッドを入れてもバウンスが効いてザックリしにくくなると言うこと。

さらに、ヘッドの入射角が浅くても、丸いバウンスがあるおかげでだるま落とし状態になりにくいからボールも上げやすくなります。

つまり、
バウンスの丸いハイバウンスのウェッジを使えば、楽にアプローチできるというわけです。

アプローチウェッジの選び方がわかるTOP > アプローチウェッジ選び方 > アプローチウェッジのバウンス > 楽にアプローチしたい人のウェッジはバウンスが丸いウェッジ

楽にアプローチしたい人のウェッジはバウンスが丸いウェッジ 関連記事

アプローチウェッジのバンス角の違い

サンドウェッジにはバンスがあり、このバンスの角度が大きいウェッジをハイバンス、小さいウェッジをローバンスといいます。ハイバウンスとローバウンスの違いは、ローバンスの方がシビアで、ハイバンスの方がやさしいウェッジと言われています。なのでハイバンスの方が初心者向けだといわれていますが、バウンス角の...続く

サンドウェッジのバウンスの役目

サンドウェッジは、バンカーに入ったときに使うクラブ。このサンドウェッジには、ちょっとした特徴があり、クラブのソールが少し盛り上がった状態になっています。この盛り上がった部分の角度によって跳ね返り具合が変わります。一般的には、盛り上がった部分を「バウンス」と言っているようですが、正しくはバウンス角...続く

Top へ