ロブウェッジこそアマチュアが使うべきクラブ

普通に打てば高い球が打てるロブウェッジを使わない手はない。

作成日:
ロブウェッジこそアマチュアが使うべきクラブのイメージ画像

砲台グリーンなど落としどころがすくないときに、ロブショットでピンを狙えたらいいと思いますよね。

今までロブショットを打つには、
ウェッジで、フェースを開いてオープンスタンスで打っていた。

そのためには、ある程度の技術が必要だった。

でも、フェースを開くことなく普通に打てば高い球が打てる。
それがロブウェッジ。

ロブウェッジとは、ロフト角が60度以上あるウェッジ。

主に、高い弾道で、ピンそばに直接しっかりとスピンを効かせた球で狙う時に使う。

今では、PGAツアープロのほとんどの選手が60度以上のロブウェッジを使用している状況。

そんなロブウェッジを使わない手はないと思いませんか。

ロブウェッジこそアマチュアが使うべきクラブ 関連記事

アプローチウェッジの基本的なロフト角

PW(ピッチングウェッジ)のロフト角一般的に、ロフト角が45度から48度で、100ヤードから110ヤードを打つ。9番アイアンよりもバウンス角が大きいウエッジ。フルショットで100ヤードちょっとの距離やグリーン周りでのアプローチショットで使用されるクラブ。AW(アプローチウェッジ)のロフト...続く

Top へ