ボーケイ ウェッジ sm7とコールドフォージドの違い

ボーケイ ウェッジ sm7とコールドフォージドの違いは、アプローチショットの対応性と日本仕様ウェッジ

作成日:

最適化された重心位置で狙い通りの飛距離と、スピン性能を高めているのは、
ボーケイ ウェッジ sm7とコールドフォージドは同じ。

ボーケイ ウェッジ sm7とコールドフォージドの違い

ボーケイ ウェッジ sm7の特長は、
洋芝やボールがしずんだライからでもボールを拾いやすい出っ歯形状。
フェースが開きやすいのもティアドッロプタイプのウェッジいいところ。

人気の軟鉄鍛造では無いが打感に関しては、sm7とコールドフォージドの違いはさほど感じられない。

コールドフォージドの特長は、
日本で使用されている、高麗芝の浮いたライでもボールがつかまえやすいグースネックを取り入れている。

打感の良さが人気の軟鉄鍛造。

ボーケイ ウェッジ sm7とコールドフォージドの違い 関連記事

ボーケイフォージドウェッジは日本人好みのシンプルなウェッジ

日本人ゴルファーの好みに合わせて作ったのがボーケイデザインフォージドウェッジ。何が日本人好みのウェッジかというと、sm6で好評だったロフトごとの最適重心位置を採用し、機能面ではもちろん、シンプルなバックフェース、軟鉄鍛造の打感、アドレスの際のクラブフェースの見た目もすっきりしている。さらに...続く

Top へ