ウェッジのバウンス角とは

ウェッジのソールの盛り上がり度合い。

TOP > ゴルフ ウェッジのFAQ > ゴルフ ウェッジ用語 > ウェッジのバウンス角とは

更新日:

ウェッジのバウンス角とは、
ソールが少し盛り上がった部分のことで、

水平線に対してリーディングエッジ(クラブフェースの刃の部分)とソールの頂点(突き出ている部分)とを結んだ線との間の角度のこと。

バウンス角が大きいと、ソールが地面から跳ね返る力が大きくなり、クラブヘッドが砂や芝に刺さってしまうのを防ぐことができる。そのため、ヘッドが砂や芝にもぐりにくいため、バンカーショットでのエクスプロージョンショットがやさしくなる。

バウンス角が小さいと、ソールが砂や芝から跳ね返りにくくなるので、リーディングエッジを地面に深く入れたりして自由にコントロールすることが出来る

関連記事

ロブウェッジとは

ロブウェッジとはのイメージ画像

ロブショットを打つためのウェッジ。ロフト角は60度以上で、比較的バウンス角は少なめになっているウェッジ。PGAツアープロのほとんどの選手が60度以上のロブウェッジを使用している現状。トッププレイヤーの中には、ロフト角64度のロブウェッジを使用するプロもいます。しかし、アマチュアには難...続く

ロブショットとは

ロブショットとはのイメージ画像

ロブとは、ボールを高く空中に打ち上げると言うこと。つまり、ロブショットとは、砲台になっているグリーンや二段グリーンでボールを転がしてピンに寄せることが難しいときなど、高い弾道で、ピンそばに直接しっかりとスピンの利いた球で狙うショットのこと。また、ラフなどスピンがかけづらい場合でも高い...続く

ウェッジのグラインドとは

グラインドとは、ソールを削ることによってソール形状に変化を与えること。ウエッジのソール形状を変えることで、プレイスタイルやテクニック、コースコンディション、ライコンディションにフィットできるようにしている。例えば、ヒール側を削るとフェースを開いた際、通常だとバウンスがあるためリーディ...続く

ウェッジのグースネックとは

グースネックとは、リーディングエッジが、後方に入ったネック形状のこと。シャフトの中心線からリーディングエッジまでの距離が大きいものをストレートネック、小さいものをグースネックと言う。グースネックだと、ボールをヒットするタイミングが少し遅れるので、インパクトでフェイスがかえりやすいため、ボー...続く

ウェッジのロフト角とは

ロフト角とは、シャフトの中心線に対して、フェース面がどれぐらいの角度がついているかを示した傾斜角のこと。ロフト角は、1番手分で約4度ほど違います。飛距離にして約10ヤード程変わります。ウェッジの飛距離として48度で110ヤードとしたら52度で100ヤード56度で90ヤードを目安にす...続く

Top へ