ゴルフのウェッジ FAQ

ゴルフのウェッジに関するよくある質問をお伝えします。

ウェッジのグラインドとは

グラインドとは、ソールを削ることによってソール形状に変化を与えること。

グラインドとは、ソールを削ることによってソール形状に変化を与えること。

ウエッジのソール形状を変えることで、
プレイスタイルやテクニック、
コースコンディション、
ライコンディションにフィットできるようにしている。

例えば、ヒール側を削る
フェースを開いた際、通常だとバウンスがあるためリーディングエッジが浮きトップしやすくなる。そこでヒース側にグラインドを施すことによって、フェースを開いても適正なバウンス効果が得られるように調整できる。

トゥ側を削る
芝の影響で、トゥ側が跳ね上がるのを抑えることができる。

ソールの削り方ひとつでウェッジの性格が変わってくるので、自分のプレイスタイルを考えて自分に合ったグラインドモデルを選ぶといい。

中でもタイトリストのウェッジは、
種類が豊富なロフトとバウンス、グラインドをラインアップしています。

ウェッジのバンス角とは

ウェッジのソールの盛り上がり度合い。

ウェッジのバンス角とは、

水平線に対してリーディングエッジ(クラブフェースの刃の部分)とソールの頂点(突き出ている部分)とを結んだ線との間の角度のこと。

バンス角が大きいと、ソールが地面から跳ね返る力が大きくなり、クラブヘッドが砂や芝に刺さってしまうのを防ぐことができる。そのため、ヘッドが砂や芝にもぐりにくいため、バンカーショットでのエクスプロージョンショットがやさしくなる。

バンス角が小さいと、ソールが砂や芝から跳ね返りにくくなるので、リーディングエッジを地面に深く入れたりして自由にコントロールすることが出来る

バンス角を選ぶ基準は?

プレーヤーのスイングタイプやコースの状態などに合わせてバンス角を選ぶ

プレーヤーのスイングタイプやコースの状態などに合わせてバンス角を選ぶ

ダフリやバンカーが苦手な初心者には、ハイバンスがおすすめなのは間違いではない。もっと最適化を求めるなら、スイングタイプで選ぶ方法とコース条件などに合わせて選ぶ方法がある。

ゴルフコースによっては、芝や地面の状態が硬いコースや柔らかいコースがある。当然、硬めの地面やバンカーでハイバンスのウェッジを使えば跳ね返りやすくなるし、柔らかい地面やバンカーでローバウンスのウェッジを使えばザックリしやすくなる。

つまり、地面やバンカーの状態も考えたバンス角のセッティングにすれば、よりミスの確率が減ると言うことになる。

バンス角を選ぶ基準は

ローバウンスのウェッジ
地面やバンカーが硬めでレベルブローで打つ人向け

スタンダードのウェッジ
地面やバンカーがやや硬めでややダウンブローで打つ人向け

ハイバウンスのウェッジ
地面やバンカーが柔らかめでダウンブローで打つ人向け

ウェッジのグースネックとは

リーディングエッジが後方に入ったネック形状のこと。

グースネックとは、
リーディングエッジが、後方に入ったネック形状のこと。

シャフトの中心線からリーディングエッジまでの距離が大きいものをストレートネック、小さいものをグースネックと言う

グースネックだと、ボールをヒットするタイミングが少し遅れるので、インパクトでフェイスがかえりやすいため、ボールのつかまりが良くなる

ウェッジのグースネックは、アイアンほど大きく入り込んでいない。
グリーン周りで、フェースを開いて打つ場合があることが理由のよう。

スライスの多い初心者やボールのつかまりが良くない人には、グースネックが向いているかもしれない。

グースネックの欠点としては、フェースが開きにくく、操作性に欠けるので上級者やフェースを開いたりする人は、ストレートネックか、セミグースネックを使う人が多い。

Top へ