ボーケイデザイン SM6ウェッジ

ボーケイデザイン SM6ウェッジで思い通りのスピンコントロールとフライトコントロール

作成日:

ボーケイデザイン SM6ウェッジの特徴は、
思い通りのスピンコントロールとフライトコントロール。

ウェッジのロフト角別に、重心位置を変えることによって距離感を出しやすくしている。

一般的には、ウェッジのロフト角が小さいと高重心になり、ロフト角が大きくなると低重心になる。

ボーケイデザインウェッジのロフト角、46~52度の場合は、重心を低く設定。
重心を低くすることによって、ウェッジ性能はそのままにフルショットでの距離感をしっかりと出しやすくしている。

ロフト角、54~56度の場合は、通常通りの重心設定。
従来通りの、操作性とスピンコントロールを損なわないようにしている。

ロフト角、58~62度の場合は、重心を高く設定。
高重心にすることによって、スピンコントロールはもちろんボールの高低の打ち分けもしやすくなっている。

さらに、4種類のソールグラインドを組み合わせれば、自分のアプローチスタイルに合ったウェッジが見つかる。

ボーケイデザイン SM6ウェッジ 関連記事

テクニックを見せつけたいならタイトリスト ボーケイウェッジ SM7 Lグラインド

テクニックを見せつけたいならタイトリスト ボーケイウェッジ SM7 Lグラインドのイメージ画像
より最適化された重心位置で狙い通りの飛距離と、スピン性能を高めているタイトリスト ボーケイデザインウェッジ SM7。中でもLグラインドは、テクニックを見せつけたい人におすすめ。その理由は、大きくグラインドされている三日月型のソール。トレーディングエッジが大きく削られているので、フェースも...続く

バンカーが苦手ならタイトリスト ボーケイウェッジ SM7 Fグラインド

バンカーが苦手ならタイトリスト ボーケイウェッジ SM7 Fグラインドのイメージ画像
タイトリスト ボーケイデザインウェッジ SM7は、より最適化された重心位置で狙い通りの飛距離と、スピン性能を高めている。中でもFグラインドは、バンカーが苦手な人におすすめ。その理由は、バウンス効果を最大限に発揮できるから。バウンス効果が上手く使えれば、わざわざフェースを開く必要もなく、い...続く

タイトリスト ボーケイウェッジ SM7の最適重心で飛距離を打ち分ける

タイトリスト ボーケイウェッジ SM7の最適重心で飛距離を打ち分けるのイメージ画像
今度のタイトリスト ボーケイデザインウェッジ SM7は、より最適化された重心位置で狙い通りの飛距離と、スピン性能を高めている。たとえば、ロフトの立っているローロフトのウェッジは、フェース上部がより薄くなりロフトの寝ているウェッジは、フェース上部がより分厚くなっている。新たにDグラインドも...続く

タイトリスト ウェッジの選び方

タイトリスト ウェッジの魅力は、世界のトッププレーヤーが選び愛用するウェッジであること。それだけでも最高の性能と品質を兼ね備えたウェッジであることの証明になる。タイトリストのウェッジは、様々なプレースタイルやあらゆるライに合うように、ロフト角、バウンス角のバリエーションも多く、最適なグライン...続く

Top へ