アプローチウェッジはグースネックを選ぶ方がいいのか?

フェースを開いたりしないならグースネックがおすすめ

TOP > アプローチウェッジの選び方 > アプローチウェッジのネック形状 > アプローチウェッジはグースネックを選ぶ方がいいのか?

更新日:
アプローチウェッジはグースネックを選ぶ方がいいのか?のイメージ画像

ウェッジもアイアンと同じようにグースネックがある。

グースネックの特長は、ボールがつかまりやすいこと。

一般的には初心者向けのネック形状と言われています。ただしアイアンほどオフセットは大きくない。

ウェッジに関しては、グースネックが必ずしもおすすめとは限らない。

その理由は、

グリーン周りのアプローチで、フェースを開いて打つことの多い人にとっては、グースネックだとリーディングエッジが浮いたりして違和感を感じるからです。

フェースを開いて打つ人は、セミグースネックかストレートネックがおすすめ。

フェースを開いて打ったりしない人で、アイアンもグースネックならグースネックのウェッジを選ぶと違和感なく使えるのでおすすめのセッティングになります。

関連記事

アプローチウェッジはストレートネックが人気?

アプローチウェッジはストレートネックが人気?のイメージ画像

ストレートネックの特長は、ボールを拾いやすく上げやすいこと。一般的には上級者向けのネック形状と言われています。なぜ、ストレートネックが上級者向けかというと、シャフトの中心からリーディングエッジが前に出ているため、刃先でボールを拾いやすいことがメリットでもあるが、その分ミスがシビアになりま...続く

Top へ