タイトリストボーケイウェッジでスピンコントロール

ボーケイウェッジの人気の秘密は、どんな状況からでも打てるウェッジがあること

ボーケイフォージドウェッジは日本人好みのシンプルなウェッジ

ボーケイフォージドウェッジは日本人好みのシンプルなデザインでつかまえやすいグースネックのウェッジ

日本人ゴルファーの好みに合わせて作ったのがボーケイデザインフォージドウェッジ。

何が日本人好みのウェッジかというと、
sm6で好評だったロフトごとの最適重心位置を採用し、機能面ではもちろん、シンプルなバックフェース、軟鉄鍛造の打感、アドレスの際のクラブフェースの見た目もすっきりしている。

さらに、
日本で使用されている、高麗芝の浮いたライでもボールがつかまえやすいグースネックを取り入れている。

グラインドに関しては、
多くのツアープロも愛用のMグラインド、
バウンスを有効活用することができるKグラインド、
適度に丸みを帯びているグラインドがされていないソールのFグラインド
の3パターンで選びやすい。

タイトリスト ボーケイウェッジ SM7の最適重心で飛距離を打ち分ける

タイトリスト ボーケイデザインウェッジ SM7のより最適化された重心で狙い通りの飛距離を打ち分ける
タイトリスト ボーケイウェッジ SM7の最適重心で飛距離を打ち分けるのイメージ画像

今度のタイトリスト ボーケイデザインウェッジ SM7は、より最適化された重心位置で狙い通りの飛距離と、スピン性能を高めている。

たとえば、
ロフトの立っているローロフトのウェッジは、フェース上部がより薄くなり
ロフトの寝ているウェッジは、フェース上部がより分厚くなっている

新たにDグラインドも加わり、
幅広いアプローチスタイルに対応できるウェッジになっている。

Dグラインドの特長は、
フェースを開いてボールの高さやスピンコントロールができる、Mグラインドを、バウンス角を大きめにすることで、フェースを開かなくてもバウンス効果を使えて、普通に構えたアプローチでも、フルショットでも使いやすいソールグラインドに仕上がっている。

タイトリスト ウェッジの選び方

タイトリスト ウェッジは、世界のトッププレーヤーが選び愛用するウェッジ。

タイトリスト ウェッジの魅力は、世界のトッププレーヤーが選び愛用するウェッジであること。

それだけでも最高の性能と品質を兼ね備えたウェッジであることの証明になる。

タイトリストのウェッジは、様々なプレースタイルやあらゆるライに合うように、ロフト角、バウンス角のバリエーションも多く、最適なグラインドを選べるようになっている。

タイトリスト ボーケイデザインウェッジは大きく分けて2種類

フェースを開いたり、操作性を重視する打ち方をしやすい、丸みを帯びたヘッド形状が好きな人は、SM6ウェッジ。

はっきりとしたトップラインで、真っ直ぐに構えやすいグースネックが好きな人は、フォージドウェッジ。

あなたもタイトリストのウェッジを使って、プロのようなショートゲームをやってみたいと思いませんか。

ボーケイデザイン SM6ウェッジ

ボーケイデザイン SM6ウェッジで思い通りのスピンコントロールとフライトコントロール

ボーケイデザイン SM6ウェッジの特徴は、
思い通りのスピンコントロールとフライトコントロール。

ウェッジのロフト角別に、重心位置を変えることによって距離感を出しやすくしている。

一般的には、ウェッジのロフト角が小さいと高重心になり、ロフト角が大きくなると低重心になる。

ボーケイデザインウェッジのロフト角、46〜52度の場合は、重心を低く設定。
重心を低くすることによって、ウェッジ性能はそのままにフルショットでの距離感をしっかりと出しやすくしている。

ロフト角、54〜56度の場合は、通常通りの重心設定。
従来通りの、操作性とスピンコントロールを損なわないようにしている。

ロフト角、58〜62度の場合は、重心を高く設定。
高重心にすることによって、スピンコントロールはもちろんボールの高低の打ち分けもしやすくなっている。

さらに、4種類のソールグラインドを組み合わせれば、自分のアプローチスタイルに合ったウェッジが見つかる。

Top へ