フォーティーン DJ-22 ウェッジは安定性が抜群

安定したショットと幅広ソールでやさしさを追求したウェッジがフォーティーン DJ-22

作成日:

フォーティーン DJ-22 ウェッジの
セールスポイントは、安定性の高さ。

フェアウェイからのアプローチショットならまだしも、ラフやバンカーなど条件の悪いライからのショットとなるとアベレージゴルファーにとってはハードルの高いショットになる。

そんなアプローチショットをクラブでなんとかしたのが、フォーティーンのDJ-22 ウェッジ。

フォーティーンのDJ-22の特徴は、
クラブフェイスの上部ブレードと、先のトゥ側を厚くする逆テーパードブレードでヘッドのぶれを抑え安定性を高めている。

さらに、

セミグースネックの大型ヘッドで安心感があり、クラブをソールするだけでターゲットに自然とスクエアに構えられる。幅広ソールで抜けも良い。

ショットの際に、フェイスの向きやロフトが変わりやすい初心者から
いろんなライや厳しいラフからのアプローチでも寄せたい中・上級者にも
おすすめのウエッジです。

DJ-22がおすすめなゴルファー

様々なライからでも安定したアプローチがしたい人
ゴルフを楽しくプレイしたい人
安心してやさしく寄せたい人

関連記事

フォーティーン DJ-4 ウェッジ ブラックメッキの評価と口コミ

フォーティーン DJ-4 ウェッジ ブラックメッキの評価と口コミのイメージ画像

フォーティーンから新たに発売された「フォーティーン DJ-4 ウェッジ」に数量限定でブラックメッキが発売されました。フォーティーン DJ-4 ウェッジの特徴はそのままに、通常のメッキ厚よりも極薄に管理されたブラックメッキ仕上げになっています。ブラックメッキになることによって、太陽光の反射...続く

フォーティーン DJ-4 ウェッジの評価のほどは?

フォーティーン DJ-4 ウェッジの評価のほどは?のイメージ画像

アマチュアの誰もが簡単にプロのようなスピンをかけられるって評判の「フォーティーン ウェッジ」そのフォーティーンから新たに発売されたのが「フォーティーン DJ-4 ウェッジ」。さて、フォーティーン DJ-4 ウェッジの何が良いのか?超高精度・ミラー鍛造スコアラインフェース製法でルールギ...続く

フォーティーン DJ-33ウェッジは開いても構えやすいグースネック

フォーティーン DJ-33ウェッジは開いても構えやすいグースネックのイメージ画像

やさしさ追求のウェッジ DJ-22の後継モデルがDJ-33ウェッジ。さらなる安定性強化DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットして効率的にウエイト配分をし、さらに安定性をアップしている。さらなる抜けの良さDJ-22でも抜けの良さには定評があったが...続く

フォーティーン DJ-22のローロフトウェッジでピンを狙う

ピッチングウェッジが、進化してどんどんロフトが立って飛距離ばかり重要視されてきた。おかげで、ピッチングとサンドウェッジとの差が広がり、距離の打ち分けがかなり難しくなってきている。そんな中、ウェッジの本数を増やすことでその飛距離のギャップを埋めることができるようになった。そうなると、12...続く

フォーティーン DJ-33とDJ-22のロフトとバンス角の違い

フォーティーン DJ-33とDJ-22の違いでは、ロフト角の変更はなく、バンス角が低くなっている。ロフトDJ-33 ウェッジDJ-22 ウェッジ41°2°3°44°47°4°50°52°4°6°54°56°6°8°58...続く

Top へ