フォーティーン DJ-22とDJ-11の違い

フォーティーン DJ-22ウェッジは、さらに構えやすく開いても使える。

作成日:
DJ-22とDJ-11(旧モデル)の違いは、
構えやすさと、開いても使いやすい部分を進化させているところ。

グースネックと言えば、

オフセットが強いとウェッジは構えにくい。
フェースを開くとエッジが浮くので開きにくい。

このように、上級者にとって苦手としている人がいる。

これらの点を改善しているのが
フォーティーン DJ-22ウェッジ。

ネック部分を絞り込んだセミグースネックにし、ソール幅をDJ-11に比べセンター部分をワイドにしていて、ソール幅全体もバンス角も調整している。

そのため、開きやすくなっていて、いろいろなライに対応しやすく、ヘッドの抜けも良くなっている。

関連記事

フォーティーン DJ-4 ウェッジ ブラックメッキの評価と口コミ

フォーティーン DJ-4 ウェッジ ブラックメッキの評価と口コミのイメージ画像

フォーティーンから新たに発売された「フォーティーン DJ-4 ウェッジ」に数量限定でブラックメッキが発売されました。フォーティーン DJ-4 ウェッジの特徴はそのままに、通常のメッキ厚よりも極薄に管理されたブラックメッキ仕上げになっています。ブラックメッキになることによって、太陽光の反射...続く

フォーティーン DJ-4 ウェッジの評価のほどは?

フォーティーン DJ-4 ウェッジの評価のほどは?のイメージ画像

アマチュアの誰もが簡単にプロのようなスピンをかけられるって評判の「フォーティーン ウェッジ」そのフォーティーンから新たに発売されたのが「フォーティーン DJ-4 ウェッジ」。さて、フォーティーン DJ-4 ウェッジの何が良いのか?超高精度・ミラー鍛造スコアラインフェース製法でルールギ...続く

フォーティーン DJ-33ウェッジは開いても構えやすいグースネック

フォーティーン DJ-33ウェッジは開いても構えやすいグースネックのイメージ画像

やさしさ追求のウェッジ DJ-22の後継モデルがDJ-33ウェッジ。さらなる安定性強化DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットして効率的にウエイト配分をし、さらに安定性をアップしている。さらなる抜けの良さDJ-22でも抜けの良さには定評があったが...続く

フォーティーン DJ-22のローロフトウェッジでピンを狙う

ピッチングウェッジが、進化してどんどんロフトが立って飛距離ばかり重要視されてきた。おかげで、ピッチングとサンドウェッジとの差が広がり、距離の打ち分けがかなり難しくなってきている。そんな中、ウェッジの本数を増やすことでその飛距離のギャップを埋めることができるようになった。そうなると、12...続く

フォーティーン DJ-22 ウェッジは安定性が抜群

フォーティーン DJ-22 ウェッジのセールスポイントは、安定性の高さ。フェアウェイからのアプローチショットならまだしも、ラフやバンカーなど条件の悪いライからのショットとなるとアベレージゴルファーにとってはハードルの高いショットになる。そんなアプローチショットをクラブでなんとかしたのが、フ...続く

Top へ