ピン横にピタッと止める!

そんなプロのようなアプローチが打ちたければ
フォーティーンのウェッジを使うしかない!

アプローチウェッジの選び方がわかる

トップページ>オールマイティ>フォーティーン DJ-22とDJ-11の違い

フォーティーン DJ-22とDJ-11の違い

フォーティーン DJ-22ウェッジは、さらに構えやすく開いても使える。

フォーティーン DJ-22とDJ-11の違い

DJ-22とDJ-11(旧モデル)の違いは、
構えやすさと、開いても使いやすい部分を進化させているところ。

グースネックと言えば、

オフセットが強いとウェッジは構えにくい。
フェースを開くとエッジが浮くので開きにくい。

このように、上級者にとって苦手としている人がいる。

これらの点を改善しているのが
フォーティーン DJ-22ウェッジ。

ソール幅を、DJ-11に比べセンター部分をワイドにしていて、ソール幅全体もバンス角も調整している。

そのため、開きやすくなっていて、いろいろなライに対応しやすく、ヘッドの抜けも良くなっている。


カテゴリ:

Top へ