フォーティーン DJ-33とDJ-22の違い

フォーティーン DJ-33ウェッジは、グースネックでスクエアに構えやすく、開いても違和感のないウェッジ

フォーティーン DJ-33とDJ-22の違い

フォーティーン DJ-33ウェッジは、グースネックでスクエアに構えやすく、開いても違和感のないウェッジ

DJ-33とDJ-22(旧モデル)の違いは、
ネック形状が、セミグースネックからグースネックに変わり、ヘッドの安定性と抜けの良さを進化させている。

さらに、
グースネックになることによってラインが出しやすくなり構えが安定する

グースネックの欠点であるフェースの開きにくさも、オフセットバランスを調整することで開いても構えやすいウェッジになっている。

ヘッドの安定性をさらに高めるため、DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットし効率的なウエイト配分をすることによって、インパクト時のヘッドの安定性を高めている

抜けの良さを高めるため、ソールフロントに厚みのある「バンパー」を持たせヘッドが刺さりにくくし、丸みを帯びたワイドソールがヘッドを滑らせてくれるソール形状になっている。

まだまだ進化をし続けるフォーティーンウェッジDJシリーズには感心するばかりだ。

モデル DJ-33 ウェッジ DJ-22 ウェッジ
ネック形状 グースネック セミグースネック
ヘッド構造 ・W逆テーパーブレード
・ヒール部分の余分な重量をカット
W逆テーパーブレード
ソール形状 ・ソールフロントに厚みのある「バンパー」
・センターワイドソール
ワイドソール
バンス角
(ロフト44°の場合)

フォーティーン DJ-33とDJ-22の違い 関連記事

フォーティーン DJ-33ウェッジは開いても構えやすいグースネック

やさしさ追求のウェッジ DJ-22の後継モデルがDJ-33ウェッジ。さらなる安定性強化DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットして効率的にウエイト配分をし、さらに安定性をアップしている。さらなる抜けの良さDJ-22でも抜けの良さには定評があったが...続く

フォーティーン DJ-22のローロフトウェッジでピンを狙う

ピッチングウェッジが、進化してどんどんロフトが立って飛距離ばかり重要視されてきた。おかげで、ピッチングとサンドウェッジとの差が広がり、距離の打ち分けがかなり難しくなってきている。そんな中、ウェッジの本数を増やすことでその飛距離のギャップを埋めることができるようになった。そうなると、12...続く

フォーティーン DJ-22 ウェッジは安定性が抜群

フォーティーン DJ-22 ウェッジのセールスポイントは、安定性の高さ。フェアウェイからのアプローチショットならまだしも、ラフやバンカーなど条件の悪いライからのショットとなるとアベレージゴルファーにとってはハードルの高いショットになる。そんなアプローチショットをクラブでなんとかしたのが、フ...続く

フォーティーン DJ-33とDJ-22のロフトとバンス角の違い

フォーティーン DJ-33とDJ-22の違いでは、ロフト角の変更はなく、バンス角が低くなっている。ロフトDJ-33 ウェッジDJ-22 ウェッジ41°2°3°44°47°4°50°52°4°6°54°56°6°8°58...続く

フォーティーン DJ-22とDJ-11の違い

DJ-22とDJ-11(旧モデル)の違いは、構えやすさと、開いても使いやすい部分を進化させているところ。グースネックと言えば、オフセットが強いとウェッジは構えにくい。フェースを開くとエッジが浮くので開きにくい。このように、上級者にとって苦手としている人がいる。これらの点を改善して...続く

Top へ