ウェッジ選びのコツ

ウェッジ選びのコツを知れば、あなたにあったウェッジの選び方がわかる。

ウェッジ,ソール幅,ワイドソール,ナローソール

トップページ>ウェッジのソール形状>ウェッジのソール幅の違い

ウェッジのソール幅の違い

一般的に幅の広いワイドソールは初心者向け、幅の狭いナローソールは上級者向け

ウェッジのソール幅の違い

ソールには、幅の広いワイドソールと幅の狭いナローソールがあります。

幅の広いワイドソールは、バンスと同じように芝や砂に入りにくくなるため、ダフりやバンカーショットが苦手な人に向いているソール形状になります。つまり、初心者向けに多いソール形状。

幅の狭いナローソールは、フェースを開いて芝から打つような技術性の高いショットに向いています。つまり、上級者向けのソール形状。

なぜ、ワイドソールがフェースを開いたりする操作性に向かないかというと、ワイドソールでフェースを開くと、トレーリングエッジが出っ張った感じになり地面からフェース面が浮いた感じになる。さらに、ソールの跳ね返る力が増してしまうので上手く操作することが難しくなる。

つまり、バンス角の大きいウェッジを使うのと同じ感覚になる。

逆に言うと、幅の狭いソールのウェッジでフェースを開けばバンスを利用することが出来るとも言える。


カテゴリ:

Top へ