ウェッジのソール幅はセンターとヒールでも幅は違う

ウェッジはトゥ幅、センター幅、ヒール幅で抜けが違う

TOP > アプローチウェッジの選び方 > アプローチウェッジのソール形状 > ウェッジのソール幅はセンターとヒールでも幅は違う

作成日:

ウェッジのソール幅には、幅の広いワイドソールと幅の狭いナローソールがありますが、さらに細かく言うと、トゥ幅、センター幅、ヒール幅でも違いがあります。

ウェッジのトゥ側にあるトゥ幅は、
狭いほどつま先上がりなどの傾斜地で抜けが良くなり、変なフェイスの動きを抑える効果があります。

ウェッジのセンターにあるセンター幅は、
最も地面に接地するので広いとダフりやトップの改善に役立ちます。

ウェッジのヒール側のヒール幅は、
狭くすることでフェースが開きやすく、ボールの高さやスピン量をコントロールしやすくなります。

例えば、
バンス角が大きくてもヒール幅が狭ければ、フェースを開いたりしやすくなるので高い球や柔らかい球を打つことができると言うことになります。

関連記事

アプローチウェッジのソール幅の違い

幅の広いワイドソールと幅の狭いナローソールのイメージ画像

ソールには、幅の広いワイドソールと幅の狭いナローソールがあります。幅の広いワイドソールは、バンスと同じように芝や砂に入りにくくなるため、ダフりやバンカーショットが苦手な人に向いているソール形状になります。つまり、初心者向けに多いソール形状がワイドソール。幅の狭いナローソールは、フェー...続く

Top へ