アプローチウェッジなら重めのシャフトがおすすめ

シャフトが重いとゆっくり振れる。

アプローチショットは飛ばす必要がない。

TOP > アプローチウェッジの選び方 > アプローチウェッジのシャフト選び > アプローチウェッジなら重めのシャフトがおすすめ

作成日:
アプローチウェッジなら重めのシャフトがおすすめのイメージ画像

一昔前ならウェッジもアイアンセットの中に入っていたが、今では別に自分で購入しなければならない。

ロフトについては、ほとんどの人が考えてウェッジ選びの基準にしていますよね。

でも重量についてはあまり気にしていないのではないでしょうか・・・

そもそもシャフトの重量を考えるときにスイングして確かめますよね。

自分の体力で振れるか?

ドライバーとかアイアンなどはこれでいいと思います。

でも、アプローチで使うウェッジはどうでしょう・・・

ある程度力を抑えて狙った距離を打ちたいですよね。

そうなると軽いウェッジを使うとヘッドが走って飛びすぎたりすることがあります。

そうならないために重めのシャフトを使ったウェッジの方が、ゆっくり振れてゆっくりボールを狙ったところに運ぶことができるのです。

もし、アプローチショットで飛びすぎるって思う人はウェッジの重量について見直してみるのもいいかもしれませんよ。

関連記事

Top へ