フォーティーンC-030ウェッジとC-030T.Sの違い

フォーティーンC-030T.Sウェッジは、ストレートネックでフェースを開いてもエッジが浮きにくい

フォーティーンC-030ウェッジとC-030T.Sの違い

フォーティーンC-030T.Sウェッジは、ストレートネックでフェースを開いてもエッジが浮きにくい

ツアーモデルのヘッドタイプに、C-030のキャニオンソールをプラスした感じの上級者モデル。

ネックをストレートネックにすることによって、フェースを開いてもリーディングエッジが浮きにくく技が使える。

C-030のキャニオンソールはそのままなので、多少ダフっても上級者のイメージ通りにスピンの利いたアプローチが打てる

C-030T.Sがおすすめなゴルファー

  • ダフリやトップが多い人
  • フェースを開いて打ちたい人
  • やさしくスピンコントロールしたい人

フォーティーンC-030ウェッジとC-030T.Sの違い 関連記事

フォーティーン D-036 ウェッジは状況別にやさしく

フォーティーンウェッジ D-036は、グリーン周りやバンカーなど状況に応じて、やさしさを追求した専用のウェッジとなっている。グリーン周りのアプローチショットにはAwウェッジ、バンカーショットにはSwウェッジ、バンカー越えなどボールを上げる必要があるショットにはHwウェッジを使う。つまり...続く

フォーティーン C-030ウェッジはやさしさ満点

フォーティーン C030のセールスポイントは、なんと言ってもダフっても良いのだからすごい。ダフリやトップは初心者に多いミスです。やはりスイングが安定しない、まだクラブの扱いになれていないのが原因です。そもそもダフリとは、クラブが地面に入り込みすぎることですよね。だったら地面に刺さりに...続く

Top へ