アプローチウェッジの基本的なロフト角と飛距離

ウェッジの番手ごとの役目

ロフト別飛距離と使い方を紹介します。

TOP > アプローチウェッジの選び方 > アプローチウェッジのロフト > アプローチウェッジの基本的なロフト角と飛距離

更新日:
アプローチウェッジの基本的なロフト角と飛距離のイメージ画像

PW(ピッチングウェッジ)のロフト角

一般的に、ロフト角が45度から48度で、100ヤードから110ヤードの距離を打つウェッジ。

9番アイアンよりもバウンス角が大きい。

フルショットで100ヤードちょっとの距離やグリーン周りでのアプローチショットで使用されるクラブで転がし用としても使える。

AW(アプローチウェッジ)のロフト角

一般的に、ロフト角が50度から54度で、主に100ヤード前後の距離を打つ。

ピッチングとサンドの間の距離を補う役割をするクラブ。

主にグリーン周りでのアプローチショットで使用されるクラブだが、アプローチ全般に使える。

SW(サンドウェッジ)のロフト角

一般的に、ロフト角は54度から58度で主にバンカーショットや80ヤード前後の距離を打つ。

サンドウェッジは、ジーン・サラゼンにより発明されたクラブ。

ワイドソールは飛行機の翼のような役目があり、打ち込みを防ぎバンカーショットに最適なクラブ。

LW(ロブウェッジ)のロフト角

ロフト角は60度以上でボールを高く上げてスピンをかけたいときに使う。

グリーン周りでのいろんなアプローチショットに対応できるクラブ。

ロブショットに最適なクラブで、止まりにくいグリーンでもボールを高く上げることで止めやすくすることが出来るクラブ。

振っても飛ばないので、インパクトがゆるみミスショットしやすい人にオススメのウェッジ。

関連記事

ロブウェッジこそアマチュアが使うべきクラブ

ロブウェッジこそアマチュアが使うべきクラブのイメージ画像

砲台グリーンなど落としどころがすくないときに、ロブショットでピンを狙えたらいいと思いますよね。今までロブショットを打つには、ウェッジで、フェースを開いてオープンスタンスで打っていました。そのためには、ある程度の技術が必要でした。でも、フェースを開くことなく普通に打てば高い球が打てる...続く

Top へ