サンドウェッジのバウンスの役目

サンドウェッジのバウンスを上手く使ってバンカーからやさしく脱出

サンドウェッジのバウンスの役目

サンドウェッジのバウンスを上手く使ってバンカーからやさしく脱出

サンドウェッジは、バンカーに入ったときに使うクラブ。このサンドウェッジには、ちょっとした特徴があり、クラブのソールが少し盛り上がった状態になっています。この盛り上がった部分の角度によって跳ね返り具合が変わります。

一般的には、盛り上がった部分を「バウンス」と言っているようですが、正しくはバウンス角のこと。以降は、わかりやすく盛り上がった部分を「バウンス」と表現します。

このバウンスがバンカーの砂を弾いてボールを打ち出すのです。
ちなみに、このバウンスを考えたのは、ジーン・サラゼンと言う人。

ジーン・サラゼンは「バンカーでのミスを減らせば、自分はもっと勝てる」と、バンカー脱出用のクラブを欲しがっていました。ある時、サラゼンが飛行機が上昇するときの尾翼についたフラップの動きをみて、ソールにバウンスを付けることを思いついたそうです。

これが今の形のサンドウェッジの誕生。そのアイディアを取り入れてサンドウェッジを作ったのがウイルソン社。

その名も「SARAZEN SAND IRON」です。

サンドウェッジのバウンスの役目 関連記事

ウェッジのバンス角の違い

サンドウェッジにはバンスがあり、このバンスの角度が大きいウェッジをハイバンス、小さいウェッジをローバンスといいます。 ハイバウンスとローバウンスの違いは、 ローバンスの方がシビアで、ハイバンスの方がやさしいウェッジと言われています。なのでハイバンスの方が初心者向けだといわれていますが、バウンス角の...続く

Top へ