ウェッジのバンス角の違い

ハイバウンスとローバウンスの違いと選び方

ウェッジのバンス角の違い

ハイバウンスとローバウンスの違いと選び方

サンドウェッジにはバンスがあり、このバンスの角度が大きいウェッジをハイバンス、小さいウェッジをローバンスといいます。

ハイバウンスとローバウンスの違いは、
ローバンスの方がシビアで、ハイバンスの方がやさしいウェッジと言われています。なのでハイバンスの方が初心者向けだといわれていますが、バウンス角の違いは、上級者向けや初心者向けもありますが、ウェッジの打ち方によってもバウンス角は変わります。

バウンス角の選びの目安としては、
ハイバウンスは、機能的にやさしく打ちたい、ダフっても上手く打ちたい人向け。ローバウンスは上級者向きでボールを拾う打ち方をするゴルファーに向いています。

つまり、ハイバンスだとアマチュアにとってザックリしにくくなるり、ローバンスなら上級者にとってアドレスがピタッと決まり、ボールを運びやすく、気持ちよく振り抜ける。

ウェッジのバンス角の違い 関連記事

サンドウェッジのバウンスの役目

サンドウェッジは、バンカーに入ったときに使うクラブ。このサンドウェッジには、ちょっとした特徴があり、クラブのソールが少し盛り上がった状態になっています。この盛り上がった部分の角度によって跳ね返り具合が変わります。 一般的には、盛り上がった部分を「バウンス」と言っているようですが、正しくはバウンス角...続く

Top へ