おすすめウェッジはこれ

厳選オススメウェッジをお伝えします

タイトリスト ボーケイウェッジの選び方

タイトリスト ウェッジは、世界のトッププレーヤーが選び愛用するウェッジ。

タイトリスト ウェッジの魅力は、世界のトッププレーヤーが選び愛用するウェッジであること。

それだけでも最高の性能と品質を兼ね備えたウェッジであることの証明になる。

タイトリストのウェッジは、様々なプレースタイルやあらゆるライに合うように、ロフト角、バウンス角のバリエーションも多く、最適なグラインドを選べるようになっている。

タイトリスト ボーケイデザインウェッジは大きく分けて2種類

フェースを開いたり、操作性を重視する打ち方をしやすい、丸みを帯びたヘッド形状が好きな人は、SM6ウェッジ。

はっきりとしたトップラインで、真っ直ぐに構えやすいグースネックが好きな人は、フォージドウェッジ。

あなたもタイトリストのウェッジを使って、プロのようなショートゲームをやってみたいと思いませんか。

フォーティーン DJ-33ウェッジ

フォーティーン DJ-33ウェッジは、さらなる安定性と抜けの良さをアップしたセミアプローチウェッジ

やさしさ追求のウェッジ DJ-22の後継モデルがDJ-33ウェッジ。

さらなる安定性強化
DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットして効率的にウエイト配分をし、さらに安定性をアップしている

さらなる抜けの良さ
DJ-22でも抜けの良さには定評があったが、ソールフロントに厚みのある「バンパー」があり、センターは幅広いラウンドが付いていて刺さらず抜けの良さをアップしている。

ネック形状もグースネックを採用し、グースネックの欠点だった開いたときの違和感を無くしたバランスの良いオフセットとなっている。

DJ-33ウェッジは、フェースを閉じてラインを出し、しっかりとボールを捕まえてアプローチしてもいいし、フェースを開いた技を活かしたアプローチショットもできるセミアプローチウェッジ。

DJ-33がおすすめなゴルファー

  • 様々なライからでも安定したアプローチがしたい人
  • ゴルフを楽しくプレイしたい人
  • 安心してやさしく寄せたい人
  • 技を活かしたアプローチがしたい人

タイトリスト ボーケイデザイン SM6 ウェッジ ツアークローム

タイトリストのウェッジで人気なのがブランド「ボーケイ」。その使用率はPGAツアーで使用率bP

タイトリストのボーケイウェッジが人気の理由は、世界中のトッププロが選び愛用するウェッジだから。PGAツアーでの使用率bPは伊達では無い。

ボーケイウェッジが選ばれる理由は、ロフトやバウンス、ソール形状に至るまで種類が豊富でバリエーション豊かにラインアップされていること。そのバリエーションの中から自分に合った最適なウェッジを選ぶことができるからです。

前モデルSM5とSM6の違いは

ロフト角別3段階の最適重心設計


46度から52度は低めの重心
54度から56度は従来の重心
56度から62度は高めの重心

新しいスピンミルドテクノロジーで、新たな溝を搭載

46度から54度はやや深く、幅の狭い溝
56度から62度はやや幅の広めの溝

さらに溝と溝の間にミーリング(ギザギザ)を施し、優れたスピン性能を可能にしている。

ボーケイウェッジ SM6がおすすめのゴルファー

  • フェースを開いて打つことが多い人
  • 高度な技術を使って攻めのゴルフをしたい人
  • プロみたいなアプローチが打ちたい人

クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョンフォージド ウェッジ

クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョンフォージド ウェッジは、世界で戦っている松山英樹プロ監修のウェッジ。打感の良さや操作性を求める人におすすめのウェッジ。ヘッドは小ぶりで、フェースを開いても閉じてもクラブの座りがいいので、ライを選ばず状況に応じてスピン量をコントロールできる。 ...(続く)

フォーティーン C-030ウェッジ

フォーティーン C030のセールスポイントは、なんと言ってもダフっても良いのだからすごい。ダフリやトップは初心者に多いミスです。やはりスイングが安定しない、まだクラブの扱いになれていないのが原因です。そもそもダフリとは、クラブが地面に入り込みすぎることですよね。だったら地面に刺さりに ...(続く)

タイトリスト ボーケイウェッジSM5 ツアークローム

タイトリストのボーケイウェッジが人気の理由は、世界中のトッププロから信頼されていて、PGAツアーでの使用率bPのウェッジだからです。ボーケイウェッジが選ばれる理由は、ロフトやバウンス、ソール形状に至るまで種類が豊富でバリエーション豊かにラインアップさせていること。そのバリエーションの中から自分に ...(続く)

Top へ