アプローチウェッジの選び方がわかる

アプローチウェッジはデリケートな打ち方をするゴルフでは欠かせない大切なクラブ。そんなアプローチウエッジの選び方紹介します。

アプローチウェッジ選びのコツ

パーオン率の低いアマチュアこそウェッジ選びにこだわるべき。
アプローチウェッジ選びのコツのイメージ画像

ウェッジで、プロのようにスピンをかけてキュキュットと止まるアプローチを打ってみたいと思いませんか?

ウェッジには様々な形があり、ウェッジの形状には意味があります。その特徴を上手く使えば思った通りのキャリーやランが出せ、止めることもバンカー脱出もやさしくなります。

そんなウェッジの人気モデルには、アメリカブランドのボーケイやクリーブランドなどがあります。

人気の売れ筋ウェッジを選ぶのもひとつの方法ですが、なぜ人気があるのかを知らないと自分の感覚にフィットしないかもしれません。

また、
プレーするゴルフ場の芝にも、どのウェッジが合うのか理解して選べば、さらにいいスコアにつながること間違いなしです。

そんなウェッジに、こだわってみたいと思いませんか?

こだわりを持って選んでいけば、きっと自分の感覚に合ったウェッジが見つかるはずです。

アプローチウェッジ選び方

ウェッジ選びのコツを知れば、あなたにあったウェッジの選び方がわかる。

アプローチウェッジはストレートネックが人気?

アプローチウェッジはストレートネックが人気?のイメージ画像

ストレートネックの特長は、ボールを拾いやすく上げやすいこと。一般的には上級者向けのネック形状と言われている。なぜ、ストレートネックが上級者向けかというと、シャフトの中心からリーディングエッジが前に出ているため、刃先でボールを拾いやすいことがメリットでもあるが、その分ミスがシビアになる。つまり上手く打たないと思うようにボールを打つことができないと言うこと。上級者はその点、ブレが少ない ...(続く)


アプローチウェッジはグースネックを選ぶ方がいいのか?

ウェッジもアイアンと同じようにグースネックがある。グースネックの特長は、ボールがつかまりやすいこと。一般的には初心者向けのネック形状と言われている。ただしアイアンほどオフセットは大きくない。ウェッジに関しては、グースネックが必ずしもおすすめとは限らない。その理由は、グリーン周りのアプローチで、フェースを開いて打つことの多い人にとっては、グースネックだとリーディングエッジが浮いたりし ...(続く)


アプローチウェッジのバンス角の違い

サンドウェッジにはバンスがあり、このバンスの角度が大きいウェッジをハイバンス、小さいウェッジをローバンスといいます。ハイバウンスとローバウンスの違いは、ローバンスの方がシビアで、ハイバンスの方がやさしいウェッジと言われています。なのでハイバンスの方が初心者向けだといわれていますが、バウンス角の違いは、上級者向けや初心者向けもありますが、ウェッジの打ち方によってもバウンス角は変わります。バ ...(続く)


サンドウェッジのバウンスの役目

サンドウェッジは、バンカーに入ったときに使うクラブ。このサンドウェッジには、ちょっとした特徴があり、クラブのソールが少し盛り上がった状態になっています。この盛り上がった部分の角度によって跳ね返り具合が変わります。一般的には、盛り上がった部分を「バウンス」と言っているようですが、正しくはバウンス角のこと。以降は、わかりやすく盛り上がった部分を「バウンス」と表現します。このバウンスがバンカーの ...(続く)


アプローチウェッジの選び方 最新記事一覧

アプローチウェッジの選び方の最新記事を紹介します。

ロブウェッジこそアマチュアが使うべきクラブ

ロブウェッジこそアマチュアが使うべきクラブのイメージ画像

砲台グリーンなど落としどころがすくないときに、ロブショットでピンを狙えたらいいと思いますよね。今までロブショットを打つには、ウェッジで、フェースを開いてオープンスタンスで打っていた。そのためには、ある程度の技術が必要だった。でも、フェースを開くことなく普通に打てば高い球が打てる。それ ...(続く)

ロブショットとは

ロブショットとはのイメージ画像

ロブとは、ボールを高く空中に打ち上げると言うこと。つまり、ロブショットとは、砲台になっているグリーンや二段グリーンでボールを転がしてピンに寄せることが難しいときなど、高い弾道で、ピンそばに直接しっかりとスピンの利いた球で狙うショットのこと。また、ラフなどスピンがかけづらい場合でも高い弾道 ...(続く)

ロブウェッジとは

ロブウェッジとはのイメージ画像

ロブショットを打つためのウェッジ。ロフト角は60度以上で、比較的バウンス角は少なめになっているウェッジ。PGAツアープロのほとんどの選手が60度以上のロブウェッジを使用している。トッププレイヤーの中には、ロフト角64度のロブウェッジを使用するプロもいる。その反面、アマチュアには難しい ...(続く)

日本人に合わせたフォーティーン FH フォージドV1ウェッジでやさしく止める

日本人に合わせたフォーティーン FH フォージドV1ウェッジでやさしく止めるのイメージ画像

フォーティーン FH フォージドV1ウェッジの特長は、伝統的なS25C軟鉄鍛造のヘッドに日本シャフトと共同開発したウェッジ専用シャフトを使用することによって、振りやすさとロフトごとの用途に応じた使いやすさ実現しています。ロフト41、44、47、50度は、フルショットに実力を発揮するように、スト ...(続く)

ボーケイ ウェッジ SM7とボーケイフォージドの違い

ボーケイ ウェッジ SM7とボーケイフォージドの違いのイメージ画像

最適化された重心位置で狙い通りの飛距離と、スピン性能を高めているのは、ボーケイ ウェッジ SM7とボーケイフォージドは同じ。では、ボーケイ ウェッジ SM7とコールドフォージドの違いは?ボーケイ ウェッジ SM7の特長は、洋芝やボールがしずんだライからでもボールを拾いやすい出っ歯形状。 ...(続く)

Top へ