チョッパーはやさしいクラブなのに使われない不人気な理由

チョッパーはアプローチ用につくられたやさしいクラブなのに、不人気な理由はダサいから?

チョッパーはアプローチ用につくられたやさしいクラブなのに、使っている人が少ないのはなぜでしょうか?

その不人気な理由はダサいから?

プロや上級者が、チョッパーをゴルフバッグに入れているのを見たことがないですよね。

上級者が使わない理由は、
14本のクラブしか持てないから。

ゴルフコースのさまざまな状況に対応するために、14本のクラブがきっちり役目を果たしています。

いくらチョッパーがアプローチに適しているとは言え、アプローチに限定されているクラブより、グリーン周りや100ヤード前後をカバーできるウェッジをそろえた方がコース攻略しやすいからです。

でも、100前後のスコアでラウンドしているゴルファーにとっては、使わないクラブが2、3本ありますよね。

特にロングアイアンやフェアウエイウッドなんか使う機会がほとんどないはずです。

そんな人は、持ち運ぶだけのクラブよりしっかりと役立つクラブをゴルフバッグに入れた方がよっぽどスコアが良くなります。

チョッパーを持っていると「アプローチが下手なんだ」なんて言われると思っている人は、実際にチョッパーを試し打ちすることをオススメします。

チョッパーはやさしいクラブなのに使われない不人気な理由 関連記事

開かず打てる簡単サンド プロギア R55ウェッジ

開かず打てる簡単サンド プロギア R55ウェッジのイメージ画像
不人気なチョッパーの中でも売れているのが、プロギア R55ウェッジ。なんと言ってもバンカーからの脱出が超簡単。見た目は、四角くゴツいけど、ヘッドの大きさで簡単にボールをヒットできるので、安心してアプローチができると評判。アプローチが苦手で、わらにもすがる思いのひとは、プロギア ...続く

ヨルンダ YORUNDA ゴルフ ウェッジ STL 53゚で寄るんだ

ヨルンダ YORUNDA ゴルフ ウェッジ STL 53゚で寄るんだのイメージ画像
グリーン周りから楽に寄せられるアプローチクラブ ヨルンダ ウェッジ タイプ53。簡単に転がして寄せたい方に最適のチョッパーです。ヨルンダ ウェッジは、ヘッドをガツンと入れる打ち方より、ヘッドの動きに沿ったオートマチックなアプローチがより正確に狙えると評判。週刊ゴルフダイジェストの、人気連...続く

Top へ