フォーティーン DJ-33ウェッジは開いても構えやすいグースネック

フォーティーン DJ-33ウェッジは、さらなる安定性と抜けの良さをアップしたセミアプローチウェッジ

フォーティーン DJ-33ウェッジ

フォーティーン DJ-33ウェッジは、さらなる安定性と抜けの良さをアップしたセミアプローチウェッジ

やさしさ追求のウェッジ DJ-22の後継モデルがDJ-33ウェッジ。

さらなる安定性強化
DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットして効率的にウエイト配分をし、さらに安定性をアップしている

さらなる抜けの良さ
DJ-22でも抜けの良さには定評があったが、ソールフロントに厚みのある「バンパー」があり、センターは幅広いラウンドが付いていて刺さらず抜けの良さをアップしている。

ネック形状もグースネックを採用し、グースネックの欠点だった開いたときの違和感を無くしたバランスの良いオフセットとなっている。

DJ-33ウェッジは、フェースを閉じてラインを出し、しっかりとボールを捕まえてアプローチしてもいいし、フェースを開いた技を活かしたアプローチショットもできるセミアプローチウェッジ。

DJ-33がおすすめなゴルファー

  • 様々なライからでも安定したアプローチがしたい人
  • ゴルフを楽しくプレイしたい人
  • 安心してやさしく寄せたい人
  • 技を活かしたアプローチがしたい人

フォーティーン DJ-33ウェッジ 関連記事

フォーティーン C-030ウェッジ

フォーティーン C030のセールスポイントは、なんと言ってもダフっても良いのだからすごい。ダフリやトップは初心者に多いミスです。やはりスイングが安定しない、まだクラブの扱いになれていないのが原因です。そもそもダフリとは、クラブが地面に入り込みすぎることですよね。だったら地面に刺さりに...続く

Top へ