ゴルフのウェッジ ニュース

ゴルフのウェッジに関するニュースを中心にゴルフ全般の情報をお伝えします。

ゴルフウェッジ ニュース

カン・スーヨン選手がウェッジ4本セッティングで優勝

カン・スーヨン選手がサントリーレディスをウェッジ4本セッティングで優勝

カン・スーヨン選手がウェッジ4本セッティングで優勝

カン・スーヨン選手がサントリーレディスをウェッジ4本セッティングで優勝しましたね。

優勝は3年ぶり通算2勝目になります。

カン・スーヨン選手が、最終日10番ホールでグリーンを外しながらも粘り強くパーをキープできたのも、ショートゲームが得意でPW、50度、56度、60度と4本のウェッジセッティングにしているからでしょう。

飛ばない人も、グリーンに届かなかったり、グリーンを外してもアプローチでパーが拾えるようになったらグッとスコアが縮まる。

自分のゴルフスタイルに合ったクラブセッティングが勝敗を大きく左右すると言うことですね。

強いジョーダン・スピースグリーン奧からチップイン

ディーン&デルーカ招待J.スピース地元テキサスでの初勝利

強いジョーダン・スピースグリーン奧からチップイン

ディーン&デルーカ インビテーショナル トーナメントで地元テキサス出身のジョーダン・スピースが地元テキサスでの初勝利を果たしましたね。

なかなか地元テキサスでは勝てなかったけど、今季2勝目を上げました。

それしてもマスターズや先週のAT&T バイロン ネルソンも最終日に崩れていたので今週も心配はしていた。

しかし、16番パー3で6mのバーディパットを沈めて単独首位に立ってから、続く17番はグリーン奧からチップインバーディを決め、最終18番も3パットでも優勝できるのに10mのロングパットを沈め、3連続バーディで優勝した。

ジョーダン・スピースのウェッジは

鈴木愛が中京テレビ・ブリヂストンレディースで優勝

ブリヂストンレディースで鈴木愛プロがリベンジ優勝を果たしました。鈴木愛プロは、昨...

鈴木愛が中京テレビ・ブリヂストンレディースで優勝

ブリヂストンレディースで鈴木愛プロがリベンジ優勝を果たしました。

鈴木愛プロは、昨年今大会でスコアの過少申告で失格と苦い経験があり、その時のキャディーさんとリベンジしての優勝。

1打リードで迎えた最終18番でパーをとれば優勝だった。しかし、セカンドでグリーンを外し、池ギリギリのところに止まった。石が地面にありライの状態もよくなかったためグリーンオンしたのはいいが、かなりのロングパットが残り2パットのボギーでプレイオフに進むことになった。

勝敗を決めたのは、プレイオフ2ホール目で2打目をピン20cmにつけるショットで優勝となった。

鈴木愛プロ使用のウェッジは

キム・ハヌルのアプローチショット

サイバーエージェントレディスでは福島浩子プロに優勝を渡してしまったキム・ハヌル選...

キム・ハヌルのアプローチショット

サイバーエージェントレディスでは福島浩子プロに優勝を渡してしまったキム・ハヌル選手。プレイオフのショートパットを外したのは残念です。

あの短いパットを外すとは誰も思わなかったでしょう。思わず解説者の声が大きくなっていましたからね。

そんなキム・ハヌル選手のアプローチショットです。きれいにフェースにボールがのっています。このショットは抑えめのコントロールショットですがいい感じでグリーンオンしました。

ショットはよかったのにプレイオフのショートパットが悔やまれます。

キム・ハヌル選手の使用ウェッジは

RBCヘリテージ 優勝はブランデン・グレース

RBCヘリテージ 優勝は米ツアー初制覇のブランデン・グレース。ルーク・ドナルドが...

RBCヘリテージ 優勝はブランデン・グレース

RBCヘリテージ 優勝は米ツアー初制覇のブランデン・グレース。ルーク・ドナルドが復活するかと思ったら逆転されましたね。

ブランデン・グレースは、南アフリカのツアーで計10勝を挙げている選手。PGAツアーでは参戦51戦目で初勝利となった。

2位には、ラッセル・ノックスと、ルーク・ドナルド。4位に、先週マスターズでローアマをとったブライソン・デシャンボーとケビン・ナ。

世界ランク1位のジェイソン・デイは、23位。

ブランデン・グレースの使用ウェッジは
キャロウェイゴルフ X FORGEDウェッジ

2016マスターズ最終はダニー・ウィレットが初優勝

2016 マスターズ優勝はダニー・ウィレット。イングランド勢としてニック・ファル...

2016マスターズ最終はダニー・ウィレットが初優勝

2016 マスターズ優勝はダニー・ウィレット。イングランド勢としてニック・ファルドの1989、1990、1996年以来の2人目のマスターズ優勝となりましたね。

スタート時点では、3打差が開いていたんですけど、ジョーダン・スピースが12番で崩れて7打を打った。池に2度入れたのは痛かったね。

日本男子初のメジャー制覇がかかっていた松山英樹は7位タイと残念な結果に終わりました。3日目までは盛り上がったんですけどね。でも来年は今年の経験が活かされそうな気がします。

その他の結果として、マスターズ連覇のかかったジョーダン・スピースは2位タイ、同じく2位タイのリー・ウェストウッド、4位タイはダスティン・ジョンソン、J.B.ホームズ、ポール・ケーシー。キャリアグランドスラムを狙っていたロリー・マキロイと、世界ランキング1位のジェイソン・デイは通算1オーバーの10位で終えた。

シェルヒューストンオープン ジョーダン・スピースは13位

シェルヒューストンオープンで優勝したのはジム・ハーマン

シェルヒューストンオープン ジョーダン・スピースは13位

シェルヒューストンオープンで優勝したのはジム・ハーマン。この優勝が初優勝だそうです。

マスターズ連覇がかかっているジョーダン・スピースは13位でしたね。

最終日、連続バーディーでスタートしていたので期待したんですけど、池ポチャやパットがイマイチでスコアを伸ばせませんでしたね。

ジョーダン・スピースは、昨年の成績が良すぎたのでこの成績でも調子が悪いって思われます。

確かに数値を見ると、パットが良くないようです。中でもショートパットが良くない。J.スピースと言えば、パットの上手さに定評がありました。昨年はこれでもかって言うぐらい入っていましたからね。

さぁ来週はマスターズ。
連覇なるかジョーダン・スピース!

ジョーダン・スピースの使用ウェッジ

キム・ハヌル選手 アクサレディスゴルフトーナメント優勝

キム・ハヌル選手が逆転負けが続いても優勝出来たのは両親の言葉

キム・ハヌル選手 アクサレディスゴルフトーナメント優勝

キム・ハヌル選手、第4回アクサレディスゴルフトーナメントで優勝しましたね。

逆転負けが2週も続いていて、大丈夫かなと心配していたが、普通に優勝していました。いつも初日からトップで最終日に崩れてましたからね。

さすが、韓国で2回も賞金王になっているだけの実力はある。

逆転負けのトラウマもなく18番パー5ではセカンドでグリーンを狙い、結果はバンカーに入ったがバンカーショットはもう少しでチップインイーグルかと思わせるショットだった。

最後バーディーパットを沈めて優勝。その時の笑顔は素晴らしかったね。
スマイルクイーンと言われるだけのことはある。

キム・ハヌル選手の使用ウェッジ

大江香織 4年ぶり2勝目Tポイントレディス ゴルフトーナメント優勝

大江香織プロが4年ぶりに優勝しましたね。2打差の首位で18番を迎えたのに、ティー...

大江香織 4年ぶり2勝目Tポイントレディス ゴルフトーナメント優勝

大江香織プロが4年ぶりに優勝しましたね。

2打差の首位で18番を迎えたのに、ティーショットを右に曲げ林に打ち込んだ球は木の根元。そこから打ったショットが反対側の池に入った。

かなり精神的にも厳しい条件で放った4打目が、なんとピンそば1mに寄せるスーパーショット。そのパットを沈めてナイスボギーで優勝を決めた。

やっぱりゴルフって精神的な影響はプレイにひびくよね。

でもそんな時に自信の持てるウェッジがあるとピンをデッドに狙っていけるんだよね。

大江香織プロ使用ウェッジの

イ・ボミ 18番のスーパーショットで優勝

ヨコハマタイヤゴルフPRGRレディスカップ優勝はイ・ボミ選手。1打差を追っての最...

イ・ボミ 18番のスーパーショットで優勝

ヨコハマタイヤゴルフPRGRレディスカップ優勝はイ・ボミ選手。1打差を追っての最終18番の2打目はスーパーショットだったね。まぁキックも良かったけど。

国内女子ツアー開幕2戦目で今季初優勝。
トップとの差が2打差あって追い上げる立場のプレイだったんだけど、なかなかバーディーが取れていなかった。

そんな中、18番のセカンドは魅せてくれた。もう少しでカップインするところだった。セカンドショットの条件は、決して良い条件ではなく元々持ち玉がドローボールのイ・ボミ選手にとっては厳しい条件だった。そんな条件の中、上手くスライスをかけてピンをかすめたのだからイ・ボミ選手の高い技術と適応力は素晴らしい。

まぁ勝つ人ってこんなプレイを普通にするよね。

イ・ボミ選手のウェッジ使用ウェッジ(トーナメントで変更あり)
本間ゴルフ TOUR WORLD TW-Wウェッジ(48度)
タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ (52度、58度)

Top へ