ゴルフのウェッジ ニュース

ゴルフのウェッジに関するニュースを中心にゴルフ全般の情報をお伝えします。

フォーティーン DJ-33ウェッジはやさしさ追求で技も活かせる

フォーティーン DJ-33ウェッジはDJ-22の後継でワンランク上のセミアプローチウェッジ誕生

DJ-22の後継モデル、DJ-33ウェッジが好評のようです。

今度のモデルDJ-33ウェッジの特徴は、

安定性の高さで好評だったDJ-22のW逆テーパーブレードに、ヒール部分の余分な重量をカットした効率的にウエイト配分でさらにヘッドの安定性を増している。

DJ-22の抜けの良さに、ソールフロントに厚みのある「バンパー」を持つことによって、ヘッドが刺さりにくく抜けの良さをアップしている。

ネック形状もグースネックを採用し、真っ直ぐに構えやすくなっている。

c-030ウェッジやDJ-22ウェッジに、物足りなさを感じているなら、ワンランク上の技が活かせるセミアプローチウェッジを使ってみるのもいいかもしれない。

キム・ハヌルのアプローチショット

きれいにフェースにボールがのっています

サイバーエージェントレディスでは福島浩子プロに優勝を渡してしまったキム・ハヌル選手。プレイオフのショートパットを外したのは残念です。

あの短いパットを外すとは誰も思わなかったでしょう。思わず解説者の声が大きくなっていましたからね。

そんなキム・ハヌル選手のアプローチショットです。きれいにフェースにボールがのっています。このショットは抑えめのコントロールショットですがいい感じでグリーンオンしました。

ショットはよかったのにプレイオフのショートパットが悔やまれます。

キム・ハヌル選手の使用ウェッジは

Top へ