ピン横にピタッと止める!

そんなプロのようなアプローチが打ちたければ
フォーティーンのウェッジを使うしかない!

フォーティーン DJ-33とDJ-22の違い

フォーティーン DJ-33ウェッジは、グースネックでスクエアに構えやすく、開いても違和感のないウェッジ

DJ-33とDJ-22(旧モデル)の違いは、
セミグースネックからグースネックに替わり、ヘッドの安定性と、抜けの良さをさらに進化させている。

グースネックにすることで、ラインが出しやすくなり構えが安定する。グースネックの欠点であるフェースの開きにくさを、オフセットバランスを調整することで開いても構えやすいウェッジになっている。

ヘッドの安定性を高めるため、DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットし効率的なウエイト配分をした新ヘッド構造にしている。

抜けの良さを高めるため、ソールフロントに厚みのある「バンパー」を持たせヘッドが刺さりにくくし、丸みを帯びたワイドソールがヘッドを滑らせてくれるソール形状になっている。

まだまだ進化をし続けるフォーティーンウェッジDJシリーズには感心する。


フォーティーン DJ-33ウェッジは開いても構えやすいグースネック

フォーティーン DJ-33ウェッジは、さらなる安定性と抜けの良さをアップしたセミアプローチウェッジ

やさしさ追求のウェッジ DJ-22の後継モデルがDJ-33ウェッジ。

さらなる安定性強化
DJ-22で好評だったW逆テーパーブレードに加えて、ヒール部分の余分な重量をカットして効率的にウエイト配分をし、さらに安定性をアップしている

さらなる抜けの良さ
DJ-22でも抜けの良さには定評があったが、ソールフロントに厚みのある「バンパー」があり、センターは幅広いラウンドが付いていて刺さらず抜けの良さをアップしている。

ネック形状もグースネックを採用し、グースネックの欠点だった開いたときの違和感を無くしたバランスの良いオフセットとなっている。

DJ-33ウェッジは、フェースを閉じてラインを出し、しっかりとボールを捕まえてアプローチしてもいいし、フェースを開いた技を活かしたアプローチショットもできるセミアプローチウェッジ。

DJ-33がおすすめなゴルファー

  • 様々なライからでも安定したアプローチがしたい人
  • ゴルフを楽しくプレイしたい人
  • 安心してやさしく寄せたい人
  • 技を活かしたアプローチがしたい人

フォーティーン C-030ウェッジとC-030T.Sの違い

フォーティーンC-030T.Sウェッジは、ストレートネックでフェースを開いてもエッジが浮きにくい

ツアーモデルのヘッドタイプに、C-030のキャニオンソールをプラスした感じの上級者モデル。

ネックをストレートネックにすることによって、フェースを開いてもリーディングエッジが浮きにくく技が使える。

C-030のキャニオンソールはそのままなので、多少ダフっても上級者のイメージ通りにスピンの利いたアプローチが打てる

C-030T.Sがおすすめなゴルファー

  • ダフリやトップが多い人
  • フェースを開いて打ちたい人
  • やさしくスピンコントロールしたい人

フォーティーン C-030ウェッジはやさしさ満点

ダフっても良いやさしさを追求したウェッジがフォーティーン C-030

フォーティーン C030のセールスポイントは、
なんと言ってもダフっても良いのだからすごい。

ダフリやトップは初心者に多いミスです。
やはりスイングが安定しない、
まだクラブの扱いになれていないのが原因です。

そもそもダフリとは、クラブが地面に入り込みすぎることですよね。
だったら地面に刺さりにくいようにソール部分を幅広くすればいい。

フォーティーン C030の特徴は、

その幅広ソールの中央に溝(キャニオンソール)を作ることで、フロントのソールがしっかりとヘッドを入り込ませ、バックのソールが深く入るのを防いでくれるのです。

グリーン周りまで来てダフってチョロなんて情けないですし、スコアメイクなんてできないですしね。

さらに、

グースネックで構えやすく、大型ヘッドで安心感がある
スコアラインは、ツアーモデルと同じで高いスピン性能を発揮。
優しさと打ちやすさを実現してくれるウェッジであることは間違いない。
フェースを開いて打つのが苦手な人でも、真っ直ぐ構えて打つだけで安定したアプローチ、バンカーショットが打てる

C-030がおすすめなゴルファー

  • ダフリやトップが多い人
  • 高度な技術は無くてもゴルフを楽しみたい人
  • とにかくやさしいウェッジが欲しい人

フォーティーン DJ-22 ウェッジは安定性が抜群

安定したショットと幅広ソールでやさしさを追求したウェッジがフォーティーン DJ-22

フォーティーン DJ-22 ウェッジの
セールスポイントは、安定性の高さ。

フェアウェイからのアプローチショットならまだしも、ラフやバンカーなど条件の悪いライからのショットとなるとアベレージゴルファーにとってはハードルの高いショットになる。

そんなアプローチショットをクラブでなんとかしたのが、フォーティーンのDJ-22 ウェッジ。

フォーティーンのDJ-22の特徴は、
クラブフェイスの上部ブレードと、先のトゥ側を厚くする逆テーパードブレードでヘッドのぶれを抑え安定性を高めている。

さらに、

セミグースネックの大型ヘッドで安心感があり、クラブをソールするだけでターゲットに自然とスクエアに構えられる。幅広ソールで抜けも良い。

ショットの際に、フェイスの向きやロフトが変わりやすい初心者から
いろんなライや厳しいラフからのアプローチでも寄せたい中・上級者にも
おすすめのウエッジです。

DJ-22がおすすめなゴルファー

様々なライからでも安定したアプローチがしたい人
ゴルフを楽しくプレイしたい人
安心してやさしく寄せたい人

フォーティーン DJ-22のローロフトウェッジでピンを狙う

フォーティーン DJ-22のローロフトウェッジで120ヤードからでもピンをウェッジ感覚で狙っていける。

ピッチングウェッジが、
進化してどんどんロフトが立って飛距離ばかり重要視されてきた。

おかげで、ピッチングとサンドウェッジとの差が広がり、距離の打ち分けがかなり難しくなってきている。

そんな中、ウェッジの本数を増やすことでその飛距離のギャップを埋めることができるようになった。

そうなると、120ヤード以内もウェッジのようにピンを狙っていければと思う。

そうしたときに便利なのが、フォーティーン DJ-22のローロフトウェッジ。

進化したウェッジの機能をそのままに、9番アイアンまで置き換えることができる。
120ヤード前後の距離を刻むのではなく、ピンをウェッジ感覚で狙っていけるのだからスゴイ。

さらに、

アイアンで多用している9番アイアンは、スコアラインの性能が落ちている場合があるので、ラフからのショットで弾道のコントロールや距離のばらつきが出やすくなる。

そんな人も、フォーティーン DJ-22のローロフトウェッジをセッティングすることによって、さらに精度の高いショットがウェッジ感覚でピンを狙えるようになる。

フォーティーン DJ-22とDJ-11の違い

DJ-22とDJ-11(旧モデル)の違いは、構えやすさと、開いても使いやすい部分を進化させているところ。グースネックと言えば、オフセットが強いとウェッジは構えにくい。フェースを開くとエッジが浮くので開きにくい。このように、上級者にとって苦手としている人がいる。これらの点を改善して ...(続く)

フォーティーン RM-22 リッジ・ソール&リバースマッスルモデル

ツアーウェッジとして開発されたフォーティーンのRMシリーズ。高いスピン性能と高い操作性で、上級者に根強い人気のウェッジ。RM-22 リッジ・ソール&リバースマッスルモデルの特徴リッジ・ソールとは、リーディングエッジ側を削った厚いフロントソールが芝を受け、なだらかなバックソールが刺さ ...(続く)

フォーティーン RM-22 デルタ・ソール&ミドルマッスル・モデル

ツアーウェッジとして開発されたフォーティーンのRMシリーズ。高いスピン性能と高い操作性で、上級者に根強い人気のウェッジ。RM-22 デルタ・ソール&ミドルマッスル・モデルの特徴デルタ・ソールとは、ヒール側のソールを大きく削ることによって、フェースを開いてもはねない三角形状ソール。そのため ...(続く)

Top へ