テキサスウェッジとは

テキサスウェッジは、テキサスの風から生まれたアプローチのテクニック。

テキサスウェッジとは

テキサスウェッジは、テキサスの風から生まれたアプローチのテクニック。

テキサスと言えば、地域特有の強風。

通常、グリーン周りのアプローチは、ウェッジを使うことが多いのに、テキサスではパターを使う選手が多い。

これがテキサスウェッジと言われる、テキサス地方から生まれたアプローチのテクニックのひとつ。

テキサスのように風が強いと、ボールを上げた際に距離感が掴みにくいため、パターで転がした方がミスを減らせる。

このテキサスウェッジを広めたのがベンホーガンと言われています。
地名がショットの名前になっているのは、テキサスウェッジぐらいだそうです。

テキサスウェッジとは 関連記事

Top へ