ゴルフ ウェッジの FAQ

ゴルフのウェッジに関するよくある質問をお伝えします。

ウェッジ,グースネック,ストレートネック,初心者

トップページ>用語>ウェッジのグースネックとは

ウェッジのグースネックとは

リーディングエッジが後方に引っ込んだ形のこと。

ウェッジのグースネックとは

グースネックとは、

リーディングエッジが後方に引っ込んだ形のこと。
シャフトの中心線からリーディングエッジまでの距離が大きいものをストレートネック、小さいものをグースネックと言う。

グースネックだと、ボールをヒットするタイミングが少し遅れるので、インパクトでフェイスがかえりやすいため、ボールのつかまりが良くなる。

つまり、スライスの多い初心者向けのクラブは、
グースネックが多い傾向にある。

グースネックの欠点としては、
フェースが開きにくい。
操作性に欠ける。

なので上級者は、
ストレートネックか、セミグースネックを使う人が多い。


カテゴリ:

Top へ