ウェッジのグースネックとは

リーディングエッジが後方に入ったネック形状のこと。

ウェッジのグースネックとは

リーディングエッジが後方に入ったネック形状のこと。

グースネックとは、
リーディングエッジが、後方に入ったネック形状のこと。

シャフトの中心線からリーディングエッジまでの距離が大きいものをストレートネック、小さいものをグースネックと言う

グースネックだと、ボールをヒットするタイミングが少し遅れるので、インパクトでフェイスがかえりやすいため、ボールのつかまりが良くなる

ウェッジのグースネックは、アイアンほど大きく入り込んでいない。
グリーン周りで、フェースを開いて打つ場合があることが理由のよう。

スライスの多い初心者やボールのつかまりが良くない人には、グースネックが向いているかもしれない。

グースネックの欠点としては、フェースが開きにくく、操作性に欠けるので上級者やフェースを開いたりする人は、ストレートネックか、セミグースネックを使う人が多い。

ウェッジのグースネックとは 関連記事

ウェッジのグラインドとは

グラインドとは、ソールを削ることによってソール形状に変化を与えること。 ウエッジのソール形状を変えることで、 プレイスタイルやテクニック、 コースコンディション、 ライコンディションにフィットできるようにしている。 例えば、ヒール側を削ると フェースを開いた際、通常だとバウンスがあるためリーディ...続く

ウェッジのバンス角とは

ウェッジのバンス角とは、 水平線に対してリーディングエッジ(クラブフェースの刃の部分)とソールの頂点(突き出ている部分)とを結んだ線との間の角度のこと。 バンス角が大きいと、ソールが地面から跳ね返る力が大きくなり、クラブヘッドが砂や芝に刺さってしまうのを防ぐことができる。そのため、ヘッドが砂や芝...続く

ウェッジのロフト角とは

ロフト角とは、 シャフトの中心線に対して、フェース面がどれぐらいの角度がついているかを示した傾斜角のこと。 ロフト角は、1番手分で約4度ほど違います。飛距離にして約10ヤード程変わります。 ウェッジの飛距離として 48度で110ヤードとしたら 52度で100ヤード 56度で90ヤードを目安にす...続く

キャニオンソール機能とは

キャニオンソールはフォーティーン独自のソール。 相反する2つのソールを融合させた、革新的なソールデザインで、渓谷のような深い溝が特徴。 キャニオンソールの機能は、フロントソールがライに上手くヘッドを入り込ませ、バックソールがヘッドの入りすぎを抑えてくれる。 このキャニオンソールの働きによって、...続く

バウンスとバンスどっちが正しいの?

スペルではBOUNCEなのでバウンスが正解のようだが、発音的にはバンスと聞こえるような気もするので、深く考えずにどちらでもいいのではないかと思う。 ちなみに、クリーブランドのホームページを見ると、「BOUNCE/ バンス」と記載されている。ゴルフ雑誌では、バウンスになったりといろいろある。...続く

Top へ